LINEで送る
Pocket

キングソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:馮 達、以下キングソフト)が運営するライブ動画配信アプリ「LiveMe(ライブミー)」が、日本市場でのリリース2周年を記念したアニバーサリーパーティーを開催しました。

外① (1)

2018年8月10(金)、“ライバーへの感謝”をテーマにした同パーティは、東京湾を周遊する豪華クルーズ船を会場とし、ライバーと呼ばれるLiveMe配信者など約200名を招待。国内のみならず世界各地から訪れたライバーたちが参加するなど世界85ヶ国のユーザーに親しまれるLiveMeアプリならではのワールドワイドな雰囲気は圧巻!

また船内では、LiveMeと人狼ゲームがコラボした新コンテンツ「ライブミー人狼」の決勝大会、LiveMe発のアイドルグループ、LiT(リット)によるファン25名限定のプレミアオフ会『LiT PARTY ~CRUISING NIGHT~』が同時開催される盛り沢山の内容となった。

全体⑧ (1)

全体② (1)

《LiveMe発!アイドルグループLiT》(https://www.idol-lit.jp/

LiT③ (1)

《優勝賞金30万円!!ライブミー人狼》(https://twitter.com/liveme_jinro

人狼③

会場では普段はお互いの配信で顔を知るライバー同士がコミュニケーションを取り合うなどの和やかな時間が流れる。浴衣姿のライバーたちの姿で溢れる華やかな雰囲気の中、湾岸の夜景をバックにライブ配信を楽しむなどLiveMeのイベントならではの光景が船内のそこかしこで繰り広げられた。

パーティのメインイベントとして行われた『ライブミーアワード2018』。LiveMeの配信回数、フォロワー数、ダイヤモンド獲得数、運営チームからの投票という4つの指標で総合的に評価し、今年活躍したライバーを表彰。選ばれた女性部門がクイーンとプリンセス、男性部門はキングとプリンスの各2名、計4名が壇上で華々しく表彰された。

表彰⑥ (1)

◇受賞者◇
・LiveMeプリンス…すけすけ。
・LiveMeプリンセス…雅(みやび)
・LiveMeキングは…アースマン
・LiveMeクイーンは…kira姫(キラヒメ)  (発表順、敬称略)

 

LiveMeのオーディションイベントをきっかけに、九州をメインステージとする男性ユニットSOUL9(ソウルナイン)で活動をスタートした、すけすけ。さんはプリンス受賞の喜びを、「まさか自分が選ばれるとは思っていなかったし、今も信じられない。LiveMeは自分のように地方に住んでいる人間にも世界を相手に発表できる場とチャンスを与えてくれました。これからも夢の実現のために頑張っていきたい」と興奮気味に語ってくれた。

続いてプリンセスに選ばれた雅さんは、キラキラとしたまばゆいお部屋からの配信でも知られ性別を問わず大人気、しかしそれでも今回の発表は予想外だったとのことで「昨年の1周年イベントを見て受賞者の皆さんをまぶしい目で見て憧れていたので、今回こうして自分が選ばれたことを素直に感激しています」と満面の笑顔。

男性配信者の羨望の的となったキングは、今年4月におこなわれた世界No.1のライバーを決める世界選手権において第3位の座に輝き、LiveMeのTVCMにも出演するなどまさしく”LiveMeの顔”アースマンさんは「本当に沢山のリスナーさんに支えられて今があります。みんなを楽しませることと自分も楽しむことを第一に考えてここまで頑張ってきた。今後はあとに続くライバーさんを応援する側にもまわりたい」とこれからの活動に向け意気込んでくれた。

そしてクイーンの栄誉に輝いたkira姫さんは昨年度のプリンセス2017に続いて2年連続受賞となった。今年はトータル獲得ダイヤ数ランキングの一位の座にも輝き、渋谷巨大看板のイメージガールとしても活躍するなど昨年に引き続き最も輝いた女性ライバー。「今年も賞を期待していたところはあるし、いつもお世話になっているライバーさん、リスナーさんのためにも獲りたかったので本当に嬉しい。『You first,Me second』を心がけて、誰もに楽しんでもらえるように、そして誰より楽しんで配信してきたのが認められた見たいで嬉しいです。去年はプリンセスを頂いてkira姫の名前にピッタリだと思っていたけれど、今年はクイーンになってしまいました、どうしよう(笑)」と明るくコメントしてくれた。

さらに本年度は特別賞の発表も!選ばれたのはLiveMeでの配信は今年3月からというルーキー。しかし歌やダンスでリスナーを魅了、ファン想いの姿勢でまたたく間にブレイクし、トップクラスの人気ライバーに成長、新宿看板イベントなど様々なイベントで一位に輝いた雪森れいら(ゆきもり・れいら)さん。「実は元ライブアイドルをやっていたが卒業してしまい、次の活動を模索していた時にLiveMeに出会ったんです。動画配信アプリは沢山あるし、いろいろ試してみてそれぞれにいいところがあったけれど、LiveMeは国内、海外を問わずリスナーさん達とあっという間に仲良くなれるという点で自分には一番あっていたと思う。これからも他のライバーさん達と一緒にLiveMeを盛り上げていけたらいいなと思っています!」と配信で見せるあの笑顔でいっぱいのコメントであった。
「今日初めて会う事が出来たライバーさんも沢山いたけれど、初対面という気がしなかった」という声も聞かれたほど、国境と言語を越えてライバーたちが談笑し、それぞれ夢中になって配信に興じる姿が印象的だったLiveMe2周年アニバーサリーパーティー。ライブ配信アプリの中でも特に人と人の交流に重きをおいたLiveMeは人と人をつなぐという点でユーザーからの圧倒的支持を受けている。彼らライバーたちの熱意と愛に突き動かされる形でLiveMeは今後も飛躍していきそうだ。

全体⑦ (1)

【LiveMe公式ウェブサイト】
◇HP:https://www.kingsoft.jp/liveme/
◇Twitter:https://twitter.com/liveme4jp
◇Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCcBmS6ggfZJemyQGpnbRr7A
【ライブ動画配信アプリ「LiveMe」(ライブミー)」とは】
 「LiveMe」は、チーターモバイルが2016年4月にアメリカでリリース後、同年7月に日本上陸したライブ動画配信アプリです。リリース以来、GooglePlayやAppStoreにて上位にランクインし続けています。現在、世界85ヶ国で展開されており、総ダウンロード数は6,500万を超え、ワールドワイドに展開する配信アプリとして支持を得ています。スマホの縦画面をフルに生かしたスクリーンと、3タップで配信が完了してしまう手軽さに加え、高画質・高音質なライブをわずか数秒のタイムラグで配信・視聴できる高い機能性を誇ります。視聴者はコメントの投稿を通じて配信者とコミュニケーションを取ることができ、複数人で同時に配信するコラボ配信機能や、顔認証によるフェイススタンプ機能など、次々に新しい機能が加わっています。また、アプリ内で配信者にプレゼントアイテムを贈ることもでき、アイテムに応じて貯まったダイヤモンド(ポイント)は現金に換金することも可能です。 「LiveMe」は、ライブ動画配信アプリの領域を超え、「LiveMe」発のインフルエンサーを輩出するプラットフォームとしても成長し続けています。

【キングソフト株式会社について】

キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。 日中の高度な技術力を結集し、 無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「WPS Office」を展開。 業界でトップクラスのシェアを獲得し、 新たなビジネスモデルを確立させました。 現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。 GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」など、革新的なアプリを次々とリリースしています。また、グループ会社でありモバイル広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、 NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、 2015年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム、現 Cheetah Ads(チーターアズ))」の日本市場向け提供を開始。 さらに2016年7月には、ライブ配信という新しい文化を切り開くアプリ「LiveMe」をリリースし、モバイル広告分野に加えて、動画メディア領域においてもイノベーションを加速させています。また2017年7月には総合フィットネスアプリ「Fysta(フィスタ)」をリリース。ヘルステック業界に進出いたしました。

============

キングソフト株式会社
URL: http://www.kingsoft.jp
本社: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立: 2005年3月
資本金: 6億1920万円(資本準備金を含む)
従業員数:85名(2018年8月時点)
代表取締役社長 兼 CEO :馮 達
*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

LINEで送る
Pocket