LINEで送る
Pocket

キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁永飆、本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、先行公開されたiOS向けプレゼンテーションアプリ「Presentation」をさらに大幅機能改善し、表計算ソフト「Spreadsheets」とワープロソフト「Writer」を追加した、iOS端末向けオフィスアプリケーション「KINGSOFT Office for iOS」を3月13日(木)よりApp Storeにて無料提供いたします。
ダウンロードURL:https://itunes.apple.com/jp/app/kingsoft-office-for-ios/id666827602?mt=8

『KINGSOFT Office for iOS』は、オフィスドキュメントの閲覧、編集が可能なiOS端末向けオフィスアプリケーションです。
(「Spreadsheets」は今春中のアップデートで新規作成、編集機能が追加される予定です。)「KINGSOFT Office」で作成されたファイルはもちろん、「Microsoft Office」ドキュメントも高い再現性で表示されます。ユーザーインターフェースはiOS端末の画面に合わせており、使い慣れたPCのオフィスソフト機能とほぼ同等ながら、より直感的に操作していただけますので、外出先でも簡単に文書を作成したり、プレゼン資料を閲覧しながらペーパーレスな会議を実現することも可能です。

本アプリのリリースにより、「KINGSOFT Office」シリーズはPC、Android、そしてiOSと主要な全てのデバイスに完全対応いたしました。さらに今春には、オフィス文書の閲覧、共有とシームレスな連携で快適なドキュメント管理を実現させる、ビジネスシーンに必要不可欠なドキュメントに特化したクラウドサービスを提供する予定です。
これにより、キングソフトは、これまでの「高品質でありながら低価格」というコスト面のメリットだけではなく、端末や場所を選ばずに、クラウド管理による身近なビジネスソリューションとして今後も展開して参ります。

 

 

 

「KINGSOFT Office」について

「KINGSOFT Office」シリーズは、PCではMicrosoft Officeの互換ソフトとして互換満足度No.1(※)にも選ばれた実績を持つ、低価格かつ高品質オフィスソフトとして広く認知されており、今回の「KINGSOFT Office for iOS」でもそのノウハウを元に、高い互換性を実現しております。(※ 「家電批評」2010年9月号)

KINGSOFT Office for iOS の主な機能

  • □共通機能
    ・各種オンラインストレージに対応!PCとのファイル送受信もスムーズに
    オンラインストレージGoogle Drive/Box / Dropbox / Sky Drive / WebDEVに対応。さらに、「ファイル転送」機能を使えば同一の無線LANに接続されているPCとiOS端末とのファイル送受信が簡単に行えます。
  • □ワープロソフト「Writer」
    ・Wordファイルの新規作成・閲覧・編集・保存(フォント変更・画像ファイルやテキストボックスの挿入と編集など)
  • □表計算ソフト「Spreadsheets」
    ・Excelファイルの閲覧(行・列のサイズ変更、挿入されたコメントの表示)
  • □プレゼンテーションソフト「Presentation」
    ・PowerPointファイルの新規作成・閲覧・編集・保存(テキストボックス、画像、オブジェクトなどの編集)
    ・アニメーション効果の表示・効果音の再生
    ・他のiOS端末と連動したスライドの共有再生

【製品の概要】

キングソフト株式会社について

キングソフトは、セキュリティソフトとオフィスソフトの両分野において中国でトップクラスのシェアを誇るコンシューマー向けソフトウェア大手である金山軟件有限公司(香港証券取引所上場:3888)のジョイントベンチャーとして設立された会社です。
キングソフトは、PC向けの無料セキュリティソフトや低価格の互換オフィスソフトの販売を中心に展開しておりますが、2011年より、AndroidOS、iOS向けアプリ、法人向けストレージサービスの提供などを開始しています。
多彩な製品群から、ユーザーにとって最適な製品を組み合わせ、総合的なソリューションを提供していきたいと考えています。

ホームページ http://www.kingsoft.jp
本社 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立 2005年3月
資本金 5億6922万円(資本準備金含む)
従業員数 73名(2013年12月1日時点)
代表者 代表取締役 : 翁 永飆

 

LINEで送る
Pocket