みなさん、こんにちは。
KINGSOFTでセキュリティ製品を担当しているコニさんです。
サイバー犯罪者は、ネット利用者を不正サイトに誘導する手段の1つとして不正広告を用います。不正広告による被害を防ぐための5つの対策と、対処法を知っておきましょうね!

▼今日のかんたんポイント
・人気のSNSにも不正広告が表示される
・広告が詐欺サイトや偽サイトへの誘導とマルウェア拡散の手段に
・不正広告対策とは?

人気のSNSにも不正広告が表示される

人気SNS不正広告

SNSやニュースサイト、動画配信サイト、ゲームなどのネットサービスやアプリの多くは、広告収入によって運営されています。私たちがネット利用時に大抵の場合広告を目にするのはそのためです。ただ、それらの中にはユーザを不正サイトへ誘導することを目的とする不正広告も紛れ込んでいるため注意が必要です。
SNSやニュースサイトなどだれもが目にするWebサイト内においても、正規の広告掲載ルートの審査をすり抜けて表示されることがあります。「怪しげなサイトを見なければ関係ない」とは考えず、ネット利用者であればだれもが不正広告に遭遇する可能性があることを知っておきましょう。

広告が詐欺サイトや偽サイトへの誘導とマルウェア拡散の手段に

広告詐欺サイト

・利用者をだますタイプ
一般のWebサイトやSNS上に表示される広告の中には、偽物や粗悪品を扱う詐欺サイトや、正規サイトに見せかけた偽のショッピングサイトの入り口になっているものもあります。「期間限定セール」の文言と大幅な値引き価格、正規商品の画像などを表示してユーザの興味を引きます。もし、それを開いてしまった場合、どうなるでしょうか。偽のショッピングサイトへ誘導され、そこで入力した名前やメールアドレス、電話番号、ログイン用パスワードなどの情報がサイバー犯罪者の手に渡ってしまいます。

・ブラウザの脆弱性を悪用するタイプ
Webブラウザ(インターネット上のWebサイトを見たりするためのソフト)の脆弱性を悪用する不正広告もあります。このタイプのやっかいなところは、ユーザが訪れた正規のWebサイトに不正広告が表示されただけでマルウェアに感染してしまう可能性があることです。最新のWebブラウザではこのような攻撃に悪用されてしまう脆弱性が見つかり次第修正されています。しかし、古いバージョンやサポート切れのWebブラウザを利用していると気づかぬうちにマルウェアに感染してしまうかもしれません。

不正広告対策とは?

不正サイト対策

1.脆弱性対策を行う
脆弱性攻撃に対して無防備な期間を極力短くすることが重要です。OSやソフトの開発元から脆弱性を修正するための更新プログラムが提供された場合、速やかに適用しましょう。

2.ネット広告を不用意に開かない
サイバー犯罪者は「限定セール」「当選おめでとうございます」「セキュリティ警告」など、ユーザの興味を引く広告を出稿することでクリックを促します。また、コンテンツを無料で提供する事業者の多くが、広告配信を行うことで収益を上げていることを理解しましょう。もし、気になる広告を見つけた場合は真っ先にネット検索を行い、不正広告についての注意喚起がないことを確認するようにしてください。

3.フリーソフトをインストールする際には公式サイトから
何らかのソフトをインストールする際は慎重に事を運びましょう。確認せずに「次へ」ボタンを押し続けていると、アドウェアも一緒にインストールすることを許可する内容のチェックボックスを見落としてしまうかもしれません。

4.公式のアプリストアからのみアプリを入手し、インストール前によく確認する
アプリを入手する際はGoogle PlayやApp Store、携帯電話会社などが運営する公式のアプリストアを利用してください。アプリを入れる前には必ずアプリ名や開発元、評判などを調べましょう。

5.セキュリティソフトやアプリを最新の状態で利用する
パソコンやスマホ、タブレットにセキュリティソフトを入れ、最新の状態で利用すれば、不正サイトへアクセスしたり、マルウェアに感染したりするリスクを下げられます。また、広告ブロック機能を備えているものもありますので活用すると良いでしょう。

これがあれば安心!KINGSOFTのセキュリティアプリ

セキュリティアプリKINGSOFT Mobile Security Plus

KINGSOFTは、フィッシング対策協議会と警察庁から、平日はほぼ毎日危険サイトの情報を受け取っています。
そして、そのアクセスしてはいけない危険サイトのURLをブロックリストに登録しています。毎回登録する数は違いますが、1日約150件~300件、1か月に3,000件~5,000件の新しい危険サイトを更新しているんです。

フィッシングサイトは一度ブロックしても、何度もURLを変えたり、手口を変えたりして届きます。ふとした瞬間に、あなたの大切な個人情報が盗まれてしまわないように、しっかり対策しておきましょうね!

アプリのインストールはこちら