リスト作成などで利用することの多いエクセル。

Enterキーを押した際に下のセルではなく右のセルに移動できたら・・・と思うことはありませんか?
次に入力したいのは右隣のセルなのに、Enterを押して進むのは下のセル・・・
毎回セルを移動させなければいけないのは、とても面倒ですよね。

今回はセルを右に移動させる方法を二つ、WPS Office Spreadsheetsを用いてお伝えしていきます。

 

エクセルでセルを右に移動させる方法その1

まずは、Enterキーを押して右へ移動させる方法をご紹介します。

170428_wps_blog_01

①「WPS Office Spread sheets」→②オプション(歯車マーク)をクリック

170428_wps_blog_02

ウィンドウが出現→③「編集と表示」を選択
「Enterキーで移動」にチェックが付いていることを確認します。
④プルダウンを「下へ」から「右へ」に変更し、「OK」をクリック

設定は以上、とても簡単ですよね。
この方法なら、右以外にも下、左が選べるので用途に合わせて変更が可能です。
もし下にセル移動させたい時は、設定のし直しが必要なので注意してくださいね。

 

エクセルでセルを右に移動させる方法その2

次の方法はとっても簡単。
「Tabキー」を押すだけ。たったこれだけです。
気になる方は、ご自身で試してみてくださいね!

 

おわりに

いかがでしたか?今回は、「セルを右に移動させる方法」二つをご紹介しました。

その1 Enterキーを押して右に移動させる設定方法
その2 Tabキーを押す

 

知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

使ってみると意外に便利な機能なので、自分に合った方法を是非試してみてください!

 

 

wow_%e8%97%a4%e6%b2%bc-%e9%a6%99%e8%8f%9c%e5%ad%90_1495074116280

wow_%e8%97%a4%e6%b2%bc-%e9%a6%99%e8%8f%9c%e5%ad%90_1495074120502