欲しいのは、どっち!?1,000円安く買えるStandardと2,300円安く買えるPlatinum

欲しいのは、どっち!?1,000円安く買えるStandardと2,300円安く買えるPlatinum


KINGSOFTオンラインショップキングソフト公式ショップYahoo!店ではただいまプライスダウンセール開催中!
気になるセール情報をお届けします。

Style1:こだわりなくフツーにオフィスソフトを使いたい!

WPS OfficeのStandard Editionは、基本のソフト(Writer|Presentation|Spreadsheets)と機能を揃えたTHEスタンダードな組み合わせ。そこに、持ってて安心な公式ガイドブック(PDF版)を付けたセットがYahoo!店限定でプライスダウン!
通常価格6,480円のところ1,000円OFFクーポンを使えば5,480円で買うことができます。
9/12(水)00:00~9/16(日)00:00の4日間限定スペシャルプライス!
クーポンを使うと5,000円でおつりがくる4,880円です。

クーポンを手に入れる

(注:Yahoo!ショッピングプレミアム会員のみ)

 

Style2:すぐに使う機能も、いつか使う機能も揃えておきたい!

Platinum Editionは、その名が示す通りWPS Officeの最上級Edition。そんなスゴイやつがKINGSOFTオンラインショップ限定でプライスダウン!
通常価格9,880円のところ2,300円引きの7,580円で買うことができます。

ショップで購入する

※特別価格での販売は終了しました(2018.09.28)

 
上記で紹介したStandard Editionとの大きな違いは、フォントの種類とVBA機能。まず先に「VBAは使わないと思うからStandardでいいかな」と思ってしまいがち。
ここでワンポイントアドバイスを。
WPS Officeには基本フォントだけでなく、特別テーマフォントをご用意。『文字のかたちが分かりやすいこと』『読みまちがえにくいこと』『文章が読みやすいこと』を考えられたUDフォントを含んだ、多種多様なシーンで活用できるフォントを取り揃えています。
UDフォントって?WPS Officeのフォントたち▶
たとえば、このWPS Officeブログでご紹介しているラベルシール季節の挨拶状回覧表を作成するのであれば、Platinum Editionをおすすめします!

 
「少しでも安く買いたい!」と誰しも思うことですよね。
そして、欲しい物に出会うことや手に入れるタイミングは、まさに一期一会。
今回お安く買えるStandardとPlatinumのほか、WPS Officeでは4つのEditionがあります。ご紹介した特別テーマフォントも、テーマ別に単品購入することも可能です。
製品比較表を参考にしながら、お好きな組み合わせにカスタマイズするのもいいのでは?
製品比較表はこちら▶

 

ダウンロードして30日間使える!無料体験版

キングソフトオフィス体験版
 

導入事例多数!法人専用のWPS Office

biz_wps_0705
 

iOS向け WPS Office アプリ

app-store-badge

Android向け WPS Office アプリ

google-play-badge
 
※記事を更新しました(2018.09.12)
※記事を更新しました(2018.09.28)


2018-10-03T17:58:03+00:00 2018.08.29|News|