VAIOユーザー向けの『WPS Office VAIO Edition』、VAIOの 2 in 1 PC 新モデルのオフィスソフト製品ラインナップに仲間入り

VAIOユーザー向けの『WPS Office VAIO Edition』、VAIOの 2 in 1 PC 新モデルのオフィスソフト製品ラインナップに仲間入り


VAIOのカスタマイズモデルで選べるオフィスソフト製品ラインナップにWPS Officeが採用されたことはこちらでお知らせしましたが、そのVAIO株式会社が2 in 1 PCの新モデルを本日2018年11月13日発表しました。

12.5型ワイドの「2 in 1」モバイルノートPC

 
新モデル「VAIO A12」(個人向け)「VAIO Pro PA」(法人向け)のカスタマイズモデルを購入すると、オフィスソフト製品ラインナップの中からVAIOユーザー向けにカスタマイズされた『WPS Office VAIO Edition』を選ぶことができます!

ノートPCにもタブレットにもなる「2 in 1」

普段は、クラムシェル型(折りたたみ式)のノートPCとして使いたい。


 
必要に応じて、画面だけを切り離してタブレットとして使いたい。


 
わたしたちユーザーは、時として思うがままに理想を追求します。

けれども「2 in 1」でそれを実現しようと思うと、時に機能や使い心地の面で、これは「2 in 1」だから仕方ない、とあきらめてしまうこともあったのではないでしょうか。
今回発表された新モデル「VAIO A12」「VAIO Pro PA」はそんなこれまでの「2 in 1」とは次元の異なる、ノートPCとしても、タブレットPCとしても100%を越える完成度を目指して開発された「理想のオールラウンダーPC」です。

さて、その理由とは?

数々の魅力的な機能や特長の中から特に今回のモデルならではの3つのポイントをピックアップしてみました。
 

1.5つの利用モードを自在に切り替え可能なデタッチャブル構造

利用シーンに応じて、5つの利用モード(ノートPCモード|タブレットモード|ビューモード|ビュークローズモード|ワイヤレスキーボードモード)を自在に切り替え可能!
特に、タブレットを取り外した後も、キーボードユニットが無線でタブレットと自動接続し、キーボードとタッチパッドの両方が使用になる「ワイヤレスキーボードモード」はとっても便利。
お客さまに画面を共有しながら、キーボードで詳細情報を入力するといった、これまでできなかった新しい使い方ができるようになります。
※ワイヤレスキーボードユニットを選択した場合に限ります。
 

2.特許登録済の新機構「スタビライザーフラップ」で安定性と軽量化を両立

重心の高いデタッチャブル型「2 in 1 PC」の場合、後ろに倒れやすく、膝上で使いづらいなど、ノートPCとして不便を感じるシーンがありましたが、タブレットとキーボードユニットを結合する部分に、新開発した「スタビライザーフラップ」機構がされていることで、「安定性」と「軽量化」(約1kgの総重量)の両立に成功したそうです。
 

3.タブレットとしてもトップレベルの軽量ボディ

12.5インチの大画面ながら同型のタブレット専用機をも下回る、重量約607g(最小構成時、重量は平均値)という軽量ボディ。オプションで購入できるペンと組み合わせてデジタルノートとして活用したり、出先でさっとタブレットを取り出して資料を確認したりと、ご自身のライフスタイルに合わせてタブレットとしても十分に活用できます。
 

VAIOユーザーのための特別仕様『WPS Office VAIO Edition』

「VAIO A12」「VAIO Pro PA」のカスタマイズモデル購入時にオフィスソフト製品ラインナップにあるのは、ワンランク上のデザイン性を求めるVAIOユーザー向けにカスタマイズされた『WPS Office VAIO Edition』。


 
従来のWPS Officeの機能に加えて、Mac OS Xなどに搭載されているMac搭載フォント6書体を備えたオリジナルバージョン。さらに、Visual Basicエディタでのコードの閲覧、編集などが可能なVBA/マクロ対応をプラスしました。デザイン性だけではなく、専門性高く利用されたい方にも満足いただける仕様になっています。
WPS Office VAIO Editionの詳細はこちら
 

多様な収録フォント

Microsoft Officeと同じ基本フォントのほか、VAIO Edition限定のMac搭載フォント6書体(ヒラギノ角ゴ ProN W3/W6|ヒラギノ角ゴ StdN W8|ヒラギノ丸ゴ ProN W4|ヒラギノ明朝 ProN W3/W6)を収録。

Mac搭載フォントを含む「特別テーマフォント」詳細はこちら
 

VBA/マクロ機能

Microsoft Officeと同一APIを採用し、VBAに対応しているため高度な処理も対応可能。


 

新しい働き方を実現するハードウェアとソフトウェアをその手に

働き方改革が進む中で、リモート環境でのモバイルPC利用のニーズも多様化しています。
今回発売となった「VAIO A12」「VAIO Pro PA」は2 in 1 PCなので、多種多様な働き方(ワークスタイル)の実現にぴったり。そして、VAIO Editionを含むWPS OfficeのすべてのEditionは、PC・スマホ・タブレットで使えるマルチデバイス仕様。 テレワークをはじめとした、時間や場所にとらわれずにファイルの閲覧・編集・作成が可能です。
使い方はとっても簡単。お手持ちのモバイル端末にGoogle PlayもしくはApp StoreからWPS Officeアプリをインストールして同じシリアルキーを入力するだけ。ただし!対応機能は残念ながら限定されます。すべてのWPS Officeアプリ機能を使うには「WPS Office for Mobile」シリアルキーの購入が必要です。

WPS Office for Mobile 1年版(個人向け)
WPS Office for Mobile(法人向け)

WPS Office for Mobileで使える機能はこちらでご確認いただけます。

 
他では手に入らない特別仕様のWPS Officeが選べる、ノートでもタブレットでも妥協なく「快」を追求したVAIOの2 in 1 PC。「黒」と「高性能」にこだわったALL BLACK EDITIONもプレミアムエディションとして仲間入りしています。
自分へのご褒美に。大切な人へのクリスマスプレゼントに。
同時発売される各種拡張アクセサリーや専用ケースと一緒に是非!

 
今回ご紹介した、VAIO 2 in 1 PC 新モデルの詳細は各製品ページでご確認いただけます。
▶ 「VAIO A12」製品ページはこちら
▶ 「VAIO Pro PA」製品ページはこちら
▶ 「VAIO A12|ALL BLACK EDITION」製品ページはこちら
 


2018-11-13T14:27:04+00:00 2018.11.13|News|