イベントに!コンサートに!推しメンの応援に!プレゼンテーションでかんたん手作りうちわ

イベントに!コンサートに!推しメンの応援に!プレゼンテーションでかんたん手作りうちわ


WPS Presentationって、プレゼン資料を作る以外にできることはないのだろうか…。
プレゼン資料作成ソフト(Presentation、PowerPoint)で、ひと味違う使い方にチャレンジしてみませんか?

そのチャレンジとは…
プレゼン資料作成ソフトで手作り応援うちわを作ってみよう!です。

「アイドルの応援グッズに欠かせない応援うちわって、どうやって作っているの?」と思ったことはありませんか?
「公演のたびに手紙(ファンレター)を書いているけど、封筒の宛名を書くのっていつも緊張する!」そんな経験はありませんか?

今回は、WPS Officeのイメージモデルを務める田中えれなさんと鳥海絢菜さんが所属するアイドルグループ「LiT」を応援する気持ちを込めて「アート文字」を使った手作りうちわの”文字づくり”をご紹介します。

うちわの文字

応援うちわの文字と聞いて筆者がイメージするのは、ピンク!黄色!といった目立つ色。
Presentationのアート文字では、文字の色と輪郭の色をそれぞれ設定することで簡単に文字を作ることができます。


 
単純にピンクと黄色を使ってアート文字で文字を作ってみると、このような配色になります。
なんだか、背景色が白だと締まりがない?暗闇で見えないのでは?なんて印象が…。


 

アート文字の挿入

アート文字を挿入する前にスライドサイズを「ページ設定」から変更することを推奨します。
今回はA4の用紙に印刷することを想定しているため、スライドサイズはA4に設定しています。

1.「挿入」タブを選択
2.表示されたメニューより「アート文字」アイコンをクリック
3.表示されたスタイル一覧より左上のスタンダードなデザインを選択
  ※効果や輪郭の設定を後から加えるため、ここで選ぶのはどれでもOK
 

1.表示されたテキストボックス内に任意の文字を入力
  ※ここでは1枚のうちわに対して1文字を張り付ける想定なので1文字ずつ作成する
2.入力した文字を選択すると画面右に「オブジェクトの書式設定」のワークウィンドウが表示される
3.「テキストのオプション」>「効果」を選択して「影なし」をクリック
 

 
フォントの種類やサイズを設定します。

☆ポイント☆
フォントのサイズはA4の紙いっぱいに印刷する場合は500ptを選択するとピッタリです!
500ptの場合、輪郭の実線の太さは9~11.0ptがおすすめです!

記事内のフォントはすべてモトヤEX丸アポロ8等幅太字で設定しています。
お使いのWPS Officeに含まれていない場合でも、キングソフトオンラインショップにてフォントの追加購入できるのでチェックしてみてくださいね。
※フォント「モトヤ丸アポロ」は特別テーマフォント【POP作成】【漫画】に含まれています。
▶ 特別テーマフォントの詳細・追加購入はこちら
▶ モトヤ丸アポロが使えるダウンロード版Edition(比較表)はこちら
 
おや…?黒と黄色の2色にしてしまうの……?という疑問が湧いてきた方!
筆者のピンクと黄色への愛(こだわり)を覚えてらっしゃいますね♡
その疑問、次の手順で解明してみせましょう。

まず、作成したアート文字(今回は「絢」)をコピーして、同じスライド内に2回貼り付けます。同じものをあと2つ(全部で3つ)作成してください。3つのアート文字を重ねて1文字にすることで、3色以上の輪郭を設定することができます!
 

オブジェクトの書式設定

複製したものを含めて3つの「絢」のそれぞれの書式設定を説明します。

<1つ目の絢>

テキストオプション」>「塗りつぶしと輪郭
▼ 文字の塗りつぶし
・塗りつぶし(単色)(S)を選択
・色(C) → 今回は黄色を選択
▼ 輪郭
・実線(S)を選択
・色(C) → 今回は黒を選択
・幅(W) → 9~11.00ptに設定(黒縁の太さはお好みで調整してみてくださいね)

<2つ目の絢>

テキストオプション」>「塗りつぶしと輪郭
▼ 文字の塗りつぶし
・塗りつぶし(単色)(S)を選択
・色(C) → 白を選択
▼ 輪郭
・実線(S)を選択
・色(C) → 白を選択
・幅(W) → 20.00ptに設定

<3つ目の絢>

テキストオプション」>「塗りつぶしと輪郭
▼ 文字の塗りつぶし
・塗りつぶし(単色)(S)を選択
・色(C) → 今回はピンクを選択
▼ 輪郭
・実線(S)を選択
・色(C) → 上記選択色と同じ色を選択
・幅(W) → 35.50ptに設定

これで3つの「絢」が出来上がりました。

続いて、この3つのオブジェクトを一つにまとめる作業になりますが、ここで重要なのがオブジェクトの表示順序です。複数のオブジェクトを挿入し、重ねたときにどれが一番前になるか、どれが一番後ろになるか、で見えてくる図が変わってきます。
今回は、一番前が「黄×黒」の絢、二番目が「白×白」の絢、一番後ろが「ピンク×ピンク」の絢の順序で設定します。

オブジェクトを重ねたときに希望通りの順序にならない場合は、オブジェクトを右クリックし「最背面へ移動」>「最前面」を選択します。

3つの「絢」を重ね合わせると…

黒と白の縁どりが入ることで、文字全体が締まって見えます。実際に白背景のうちわに乗せてみても、最初に2色で作成した文字との違いは一目瞭然です!

いわゆる「ジャンボうちわ」のサイズは基本的に295mm×285mmです。
A4で印刷をした文字では少し小さいと感じる場合、家庭用のプリンターでは印刷の難しい大きな紙での出力はA4印刷後の紙をB4またはA3へ拡大コピーをすることをおすすめします!
これらを応用して、1枚のうちわに複数の文字を乗せてこんな応援うちわをつくることもできますよ。

文字の色や縁取りの色は、好きなアイドルのメンバーカラーや「この色が目立つだろう!」といった配色に変えて、自分だけの応援グッズを作ってみてくださいね!
 

<おまけ>手紙の宛名

ファンレターに限ったことではありませんが、お手紙の宛名って緊張しませんか?

好きなアイドルに届くお手紙の宛名、ライブのたびに書いている方は必見☆
少しお値段のする(orちょっぴり奮発した)封筒だったり、ラスト1枚の封筒だったり、これは失敗できない!なんてときは、うちわの文字と同じようにアート文字を使って宛名を作成してはいかがでしょうか?

「田中えれなちゃん」のアート文字を2つ作成します。

テキストオプション」>「塗りつぶしと輪郭
①縁どりの書式設定
▼ 文字の塗りつぶし
・塗りつぶし(単色)(S)を選択
・色(C) → 今回はピンクを選択
▼ 輪郭
・実線(S)を選択
・色(C) → 上記選択色と同じ色を選択
・幅(W) → 5.25ptに設定

②内側の文字の書式設定
▼ 文字の塗りつぶし
・塗りつぶし(単色)(S)を選択
・色(C) → 今回は白を選択
▼ 輪郭
・実線(S)を選択
・色(C) → 今回は黒を選択
・幅(W) → 1.00ptに設定

2つのオブジェクトを重ねて完成です!

文字の背景として、楕円の図形を挿入してみると…

こんな感じに仕上がります!
縁取りの色を変えたものを複数パターン作成して、ストックしておくのも良いですね。

 
アート文字は、コンサートや文化祭のポスターやパンフレットづくりでも活躍すること間違いなし。
少し堅苦しいイメージのあるオフィスソフトも、遊び心のある使い方ができちゃいます。
自分だけの応援グッズをWPS Officeで作成してみてはいかがでしょうか?
今回作成したアート文字を使った「文字」「宛名」のファイルは下記よりダウンロードができます。

サンプルをダウンロードする

色や文字を変更してぜひご活用ください!

 
【LiT出演☆イベント情報】
この秋冬、LiTメンバーの望月朱音さんの生誕祭『LiT PARTY〜望月朱音生誕ちゃい〜』をはじめ、出演イベントが目白押し!
情報チェックはこちら ⇒ LiTオフィシャルページ

 

ダウンロードして30日間使える!無料体験版

キングソフトオフィス体験版
 

導入事例多数!法人専用のWPS Office

biz_wps_0705
 

iOS向け WPS Office アプリ

app-store-badge

Android向け WPS Office アプリ

google-play-badge
 


2018-11-22T11:18:46+00:00 2018.11.22|プレゼン上達|