無料のウイルス対策ソフトは検出率・満足度No.1のキングソフト

KINGSOFT Internet Security 基本機能

ダブルエンジン搭載

KINGSOFT Internet Security 2014は、独自開発のウイルス検出エンジン「Blue ChipⅡ」とAviraエンジンで構成されたダブルエンジンを実装しています。 アジア圏で開発されたウイルスプログラムに強いBlueChipと、ヨーロッパで開発されたウイルスプログラムに強いAviraエンジンにより、従来のKINGSOFT Internet Securityでは実現できなかった、高い検出率を実現しています。

ウイルス・トロイの木馬・マルウェア駆除

ウイルススキャン

スタートアップ、デスクトップはもちろん、USBメモリやオンラインストレージなどの仮想ファイルもウイルススキャンによりウイルス感染をチェックすることができます。 万が一ウイルスを発見した場合には自動的にウイルスファイルを削除することができます。

ウイルススキャン

ウイルス・トロイの木馬・マルウェア駆除

ウイルス・トロイの木馬・マルウェアをリアルタイムに検出し、自動的にこれらのウイルスを駆除することができます。
また、ウイルスによるシステムの改変を阻止します。

インターネット保護

インターネット保護

インターネットの閲覧中にウイルスを自動的にダウンロードするなどのシステムが起動した場合や、インターネットメッセンジャーにより不正なファイルを送信された場合など、WEBサイトへのアクセスが原因でパソコンがウイルスに感染することから保護します。

遠隔操作ウイルスへも4つの機能で対応

遠隔操作ウイルスへも4つの機能で対応

外部からのファイルのダウンロードや移動・保存されるファイルを監視し自動的にスキャンする「防御」機能をはじめ、万が一侵入された場合にもウイルスによる不正なプログラム起動を防ぐ「リアルタイムガード」機能、あらかめ危険な設定を修復しておくことで、遠隔操作を防ぐ「アクセス阻止」機能でプログラムを保護しています。 さらに、検出が難しい新種のウイルスによる遠隔操作の場合でも、システムの設定が変更される前に警告を表示し、遠隔操作ツールによる、ユーザーに無断でのシステム設定の変更を阻止します。

Windows8対応

フィッシングサイト対策機能

フィッシングサイトとは実在する企業やサービスに類似したサイトを作成し、サイト上で入力されたIDやパスワード、クレジットカード番号等の個人情報を詐取する行為です。 Kingsoft Internet Security 2014では、Internet Exploreがフィッシングサイトにアクセスした際に警告を表示します。ユーザーはフィッシングサイト警告表示を確認したのち、そのサイトへのアクセスを行わない事でフィッシングサイトによる被害を回避する事ができます。

フィッシングサイト対策機能