【エクセル機能解説】スプレッドシートにパスワードをかけてみよう

【エクセル機能解説】スプレッドシートにパスワードをかけてみよう


今回の記事では、WPS Spreadsheetsで住所録などの、閲覧できる人を限定する必要のあるファイルを作成する際に、パスワードをロックをかけてセキュリティを強化する方法をご紹介します。

パスワードの設定画面

1.WPS Spreadsheetsにてファイルを作成
2.画面左上のタイトルバーをクリックし、表示されるメニューより「オプション」を選択

3.表示される「オプション」の画面より「セキュリティ」の項目を選択

4.「文書を保護するため、以下にパスワードを入力してください」の項目内の、
「ファイルパスワード(O)」と「もう一度入力して下さい(P)」の欄に任意のパスワードを入力し、パスワードのヒントを入力。

※この画面で設定をしたパスワードはすべて自身で保管する必要があり、パスワードを忘れたり、紛失したりしてしまった場合、ファイルを開くことができなくなるため、ご注意ください

「このブックの共有設定」の項目については、ファイルを開くためのパスワードではなく、ファイルを編集し上書き保存をする際に必要なパスワードのため、ファイルを開く操作にのみパスワードを指定したい場合は、「このブックの共有設定」の項目は空欄で問題ありません。

5.「OK」ボタンをクリックし、ファイルを保存後ファイルを閉じると、次に起動する際に、ファイルにパスワードの入力が求められるよう設定されます。

パスワードの設定は簡単に設定できますが、肝心のパスワードがわからなくなってしまった場合、【そのファイルにパスワードを設定する前】のファイルを開けば復元できる可能性があります。

自動バックアップについて

突然のファイルの消失に備える方法として、WPS Officeには、自動バックアップ機能が搭載されています。バックアップされたファイルを確認したい場合は下記操作をお試しください。

1.画面左上のタイトルバーをクリックし、表示されるメニューより「ドキュメントの回復」を選択すると、画面右側に「バックアップ表示」のワークウィンドウが表示されます

2.「バックアップ表示」をクリックすると、バックアップファイルが格納されたウィンドウが表示されます

3.ファイル名と更新日時を確認し復元したいファイルがあれば、ダブルクリックで起動し、ファイルの内容を確認

4.ファイルの起動を確認できたら、画面左上のタイトルバーをクリック

5.表示されたメニューより「名前を付けて保存」をクリック

6.ファイルの場所を「デスクトップ」や「ドキュメント」に変更

7.ファイル名を変更し、名前をつけて保存

※バックアップファイルが残っていなかった場合、復元をすることはできません。

いかがだったでしょうか?
上記操作で簡単に作成したファイルに対してパスワードを設定することができます。
ただし前述の通り、パスワードを忘れたり紛失したりしてしまうとファイルを開くことができなくなるので、お気を付けください。


Android向け WPS Office アプリ

iOS向け WPS Office アプリ


2020-05-28T17:57:02+00:00 2020.05.22|お役立ち, エクセル上達, オフィスソフトTips|