皆さんこんにちは!
Officeソフトの中でも、活躍する機会が多いエクセルですが、関数を活用できていますか?今回は、「会費の計算」や「見積書作成」に便利なIF関数をWPS Spreadsheetsを使用して解説していきます。


IF関数とは

英単語でifとは、「もしも●●なら」という意味で使われる接続詞です。
関数の場合は、

if関数基本

と解説されることが多いです。しかし、なにをいっているかよく分からないので具体的な例を用いて解説していきます。


会費の集計表をつくってみよう

今回は、町内の子供・大人が集まってバーベキューをする設定を想定しました。
こういった場合、子供と大人では参加費に違いがあることが多いと思いますが、IF関数を使用することでカンタンに集計作業ができます。

① まずは名簿作成します。

参加費用を子供が500円、大人が1,000円とし、メンバー表を作成します。

if関数名簿

 

② 次に、金額のセルG3に以下の【IF関数】を設定します。

=IF(F3=”大人”,$B$3,$B$4)

if関数入力

この関数により、

if関数解説

と条件設定がされ、セルF3の条件によりセルG3にセルB3またはセルB4のどちらかを表示させることができます。

 

③ 関数をコピー&ペーストします。

セルG3をコピーし、、セルG4からG21までに計算式をペーストすると、

if関数コピペ
のように、大人・子供それぞれの金額が入力され、セルG22にSUM関数を入力れば、全員の合計金額が表示されます。

if関数合計

これで、IF関数を活用した会費の集計表は完成です。

 

おまけ

今回の設定を大人1,000円、子供500円に設定しましたが、出来上がった集計表のセルB3、B4の数字を変えると、セルG3からG22までの表示金額を一気に変更することができます。
例えば、大人3,000円、子供を1,000円としてみましょう。

if関数おまけ

このように、セルB3・セルB4を変えるだけで全体の計算を自動で集計することができます。


いかがでしたでしょうか?
今回は、説明だけだと難しそうなIF関数を解説しました。カンタンに使え、効率の良い集計ができるので、是非使ってみてください。
次回の記事は、7月7日(金)公開予定です。

キングソフトオフィス体験版

biz_wps_0705