Mac初心者がWPS Office for Mac使ってみた! Part1 ~WindowsとMacのショートカットキーの違い~

  • WPS Office forMac eyecatch part1

Mac初心者がWPS Office for Mac使ってみた! Part1 ~WindowsとMacのショートカットキーの違い~


社会人になって初めてMacBookに触れることになった私。使い慣れたWindowsからMacに乗り換えたばかりの初心者目線で、WPS Office for Macの機能やお役立ち情報をご紹介していきます。
これからMacや、Mac向けOfficeソフトの購入を考えている方や、Macを買ったばかりの方の参考になると思いますので、ぜひチェックしてみてください!
第一回目の今回は覚えておくと便利なショートカットキーを紹介します。

WindowsとMacのショートカットキーの違い

作業の効率を上げるのに欠かせないのがショートカットキー。
WindowsのPCとMacではショートカットが微妙に異なります。Macでは、Windowsのショートカットキーでよく使われるCtrlキーをCommandキーに置き換えます。

<基本のショートカットキー>
①Command + C コピー
②Command + V 貼り付け(ペースト)
③Command + X 選択した項目をカット
④Command + A すべてを選択
⑤Command + S ファイルを保存する
⑥Command + A + C 全ての範囲をコピー
⑦Command + shift + 3 画面全体のスクリーンショットを撮る
⑧Command + shift + 4 部分選択してスクリーンショットを撮る

こちらが基本のショートカットキーです。
WindowsからMacに乗り換えると、このCommandキーの使い方に最初は慣れませんが、積極的に使って指で覚えましょう。

Mac独自のショートカットキー

Windowsと異なり、Mac特有なのが⑧の部分選択してスクリーンショットを撮るショートカットキー。
ディスプレイの一部だけを切り取りたい場合に重宝します。Windowsではショートカットキーで画面全体のスクリーンショットしか撮れませんが、Macでは部分選択してスクリーンショットを撮ることができます。


ページをスクリーンショットしてスライドに貼り付けるだけで↑のようなスライドも作れます!
このようにWEBサイトの一部を切り取ってスライドに貼り付けたり、ニュースやレシピの画面を切り取って保存したりする際に便利です。

Windows、Mac両OS対応となったWPS Office。
3,480円(税込)とお求めやすい価格で新発売しました。Mac向けに改良されたWPS Office for Macの使いやすさをぜひあなたのMacで実感してみてください!

次回はWPS Office for Macのもう少し詳しい使い方についてお話しします。
お楽しみに。


Android向け WPS Office アプリ

iOS向け WPS Office アプリ


2019-10-24T17:30:54+00:00 2019.10.24|オフィスソフトTips|