低価格を実現し、多くのお客様に使いやすいソフトを目指しているWPS Officeシリーズですが、「Excelとは違う部分があるから分からない」という方もいらっしゃるかと思います。

今回は、表計算ソフトで頻繁に使用される機能「グラフの作成方法」を、WPS Spreadsheetsにて、ご紹介します!

もし、この記事を読みながら実際に操作を試してみたいという方は、30日体験版をご用意しておりますのでご検討ください!

グラフを作成する流れ

■グラフを作成するためのデータを用意

 グラフの元となるデータを用意します。今回はオフィス利用で使用されるであろう売上データのグラフを作成していきたいと思います。

そのため、ひと月の売上金額のデータを用意しました。

graph1

■グラフにしたいデータをセルを選択し、「挿入」タブの「グラフ」をクリック

グラフ化したいデータを選択してから、「挿入」タブ内の「グラフ」アイコンをクリックします。

graph2

■グラフの種類を選択

「グラフの挿入」のダイアログ画面が表示されるため、作成したいグラフの種類を選択し、「OK」をクリックします。

graph3

■シート上にグラフが表示

graph4

なお、今回設定した「折れ線グラフ」では日付欄のデータが数値として認識されるため、青の線グラフが下に表示されてしまいます。

こちらの表示を消すには、下記2つの方法があります。

・データの選択にて、日付部分のチェックを外す

 グラフの上で右クリック後、「データの選択」をクリックしてください。

graph6

 表示されるダイアログ画面から、「日付」欄のチェックを外してください。

graph7

 下に表示されていた青い線が表示されなくなります!

graph8

・日付の書式設定をした後で、再度グラフを作成する

 日付を表示している列のセルを選択し、右クリックから「セルの書式設定」を選択してください。

graph9

 カテゴリー欄の「日付」→種類を「5/1」に選択→「OK」をクリックします。

graph10

 再度グラフを作成すると、下に日付が表示されるようになります。

ワンポイントアドバイス!

吹き出しの図形を上から挿入することで、「グラフのどこを見てほしいか」「このグラフでどこがポイントか」を強調することができ、見やすいグラフとなります。

発表資料などでグラフを使用する際はお試しください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は基本的なグラフの作成方法をご紹介いたしました。

「結構簡単そうだな」と思っていただけたら幸いです。