セキュリティソフトを2種類以上インストールするとなぜいけないの?

パソコンを利用する上でセキュリティ対策は、快適で安全なインターネットライフをすごす上では極めて重要です。セキュリティ対策をしていないパソコンを使うと、パソコンから個人情報が盗まれるたり、踏み台として犯罪に使われるたり、マルウェアに感染するなどの被害にあう可能性があります。

ですが、セキュリティソフトを2つ入れておけば良いということではありません。

なぜセキュリティソフトをパソコン内に2ついれてはいけないのか?

セキュリティソフトはパソコン内のマルウェアを自動的に検出し駆除するプログラムです。セキュリティソフトに搭載されている「マルウェア対策機能」は、システムに常駐しパソコンが起動すると同時に動作します。この機能は、メモリ領域を監視しているため、パソコン内でマルウェアが動作した瞬間にそれを検出することができます。

ところが、1台のパソコンに複数のセキュリティソフトをインストールした場合に常駐しているメモリ領域で干渉が発生する可能性があります。実際にはこのよう症状が報告されました。

  • フリーズする
    すでにセキュリティソフトのインスト-ルされているパソコンに他のセキュリティソフトをインストールした途端にパソコンがフリーズした。
  • パソコンが起動しなくなる
    パソコンを起動しようとするとWindowsのロゴマークが表示された後、黒い画面から先に進まずデスクトップ画面を表示することができなくなった
  • インターネットに接続されない
    パソコンの動作が全般的に遅くなりブラウザを開いてもページを読み込むことができなくなった。このような症状が発生した場合は、Windows OSをセーフモードで起動し、余分なセキュリティソフトをアンインストールする必要があります。セーフモードの手順についてはマイクロソフト社サポートページに手順と説明が掲載さいれていますが、一般のユーザーにはかなり難度が高めです。(マイクロソフト社サポートページ

そのため、セキュリティソフトをパソコンにインストールする前に、他のセキュリティソフトがインストールされているかどうかを確認することをおすすめします。家電量販店などで購入した新品のパソコンであれば、パソコンメーカーのサポートに問い合わせることでセキュリティソフトの有無を確認することができます。

2018-08-28T18:13:19+00:00