みなさん、こんにちは。
KINGSOFTでセキュリティ製品を担当しているコニさんです。
今日は、皆さんからよくいただく質問「無料のセキュリティソフトって大丈夫なの?」「PCにもともとついているセキュリティだけじゃだめ?」にお答えしたいと思います!

▼目次
(1)セキュリティソフト・アンチウイルスソフトがないとどうなる?
(2)Windows基本セキュリティソフトのWindows Defenderだけで足りる?
(3)無料セキュリティソフトは使って大丈夫なのか?

まず、セキュリティソフトについてお話ししますね!
セキュリティソフトとは、コンピューターのウィルスを検出・除去することを目的としたソフトウェアのことです。ウィルス対策ソフト・アンチウィルスソフト・ワクチンソフトなどと呼ばれることが多いですね。

セキュリティソフトは主に以下のような動作を行います。

・ウィルスの特徴を記録したパターンファイルと実際のコンピュータ内部のデータを比較しウィルスを検出する
・検査対象のデータを解析して不審な動きをするプログラムコードやウィルス特有のプログラムコードを検出する
・ウィルスや不審なコードを検出した場合に駆除もしくは感染元の隔離・削除を行う
・駆除・隔離・削除ができない場合には感染元へアクセスできないようにする
・セキュリティソフトは新たな攻撃に対応するため、頻繁にパターンファイルや検索プログラムを更新・改良することが重要です。

そのため、最近のソフトはほとんどがインターネット経由でアップデートを行う方式をとっています。

セキュリティソフト・アンチウイルスソフトがないとどうなる?

セキュリティソフト・アンチウイルスソフトがない時に外部からの攻撃に合った場合、以下のような被害が生じえます。

・起動できない
・金銭要求に合う
・内部情報が流出する

上記は個人や社内だけでなく、顧客・取引先へも被害が及ぶリスクが想定されます。

昨今のコンプライアンス重視の観点からも、セキュリティ対策を怠ったことにより顧客や取引先へ被害が及ぶ場合には経営の根幹を揺るがすような問題に発展しかねません。
このように、セキュリティソフトはコンピューターのウィルスを検出・除去することを目的としたソフトウェアであり、個人でも企業でも情報システムを扱う場合には必ず対策しておきたいアイテムです。

Windows基本セキュリティソフトのWindows Defenderだけで足りる?


PCのセキュリティ対策って、「気にはなるけど、わざわざ有償版を購入するのもちょっと、、、」という感じですよね。
実際、デフォルトでインストールされている無償版の「Windows Defender」を使っている方がほとんどかと思います。Windows Defender は主に「マルウェア(ウイルス等)対策・スパイウェア対策」の機能を中心に、パソコンの最低限の安全性を確保できるように Windows 8 から現在のように OS に標準搭載されるようになった Microsoft 純正のセキュリティ対策ソフトです。

◆Windows Defenderだけで大丈夫といえる場合


パソコンを以下のように使う場合は、Windows Defenderでも十分なセキュリティ対策だといえます。

・そもそもインターネット環境がない
・WordやExcelなどで、書類作成を中心にパソコンを使う
・インターネットは使うが、安全なサイトの閲覧や動画の視聴くらいしかしない

ただし注意点が1つあります。
Windows Defender でセキュリティ対策をするときの基本は、Windows10自体を常に最新の状態にしておくことが大切です。Windows Update でパソコンを最新の状態にしておかないと安全とはいえません。

◆Windows Defenderだけでは安全といえない場合


インターネットの使い方の一つとして、最近ではインターネットで買い物をする場合も多いのではないでしょうか?もしも、ネットバンクやネットショッピングなど、インターネットでお金を扱う場合は他のセキュリティソフトの導入を推奨します。

Windows Defender はマルウェア対策はしてくれますが、セキュリティソフトの多くに搭載されているような以下のマルウェア対策機能以外には対応していません。

「侵入防止機能」
「未知のマルウェアに対する機能」
「迷惑メール対策」
「個人情報の保護」
そのため、これらの機能を補うセキュリティソフトの導入がおすすめなんですね!

無料セキュリティソフトは使って大丈夫なのか?


実は無料のセキュリティソフトの中には、有料アンチウイルスソフトと遜色ないウイルス対策ソフトとしての能力を持つものも少なくありません。
きちんとした企業から出されているセキュリティソフトなら、まず安心して使用してよいでしょう。

KINGSOFT Internet Security20も無料で提供しています。
無料と言っても、KINGSOFTのセキュリティソフトは、有料版とまったく同じ機能を提供しているんですよ!
どういうことかというと、無料版では右下からでてくるポップアップウィンドウに広告が表示されるんです。広告が表示される代わりに、有料版と同じ機能を無料で使用することができるんですね。

KINGSOFT Internet Security20は世界1億人以上が利用しているウイルス対策ソフトです。
独自開発のクラウドスキャンエンジンの BlueChipⅣ を採用し、マルウェアやトロイの木馬などの脅威からPCを保護してくれます。
メモリ、ダウンロード、USBデバイスの接続、迷惑ソフトの侵入、レジストリの変更、ネットワークの接続、ウェブカメラなどを監視し、外部からの攻撃を防止。
フィッシング対策協議会と連携し、最新のフィッシング詐欺サイトへのアクセスを遮断します。
フルスクリーン時には自動でサイレントモードとなり、動画鑑賞、ゲームプレイに最適化されます。

他にも、次のような便利なツールも用意されています。

・使用していないアプリケーションのバックグラウンド動作をワンクリックで停止し、パソコンのメモリを解放して快適にする「システム加速機能」
・不要ファイルを削除しHDDの空き容量を確保する「不要ファイル機能」
・データを復元ソフトで復元できないように抹消する「ファイルクラッシャー機能」
・PCのブルーライトをカットして視力を保護する「視力保護機能」

無料で使えるにもかかわらず有料製品と同じく電話やメールで受けられる、「カスタマーサポート」も安心して利用できるポイントの一つです。
まずは、自分のパソコンの使用方法をしっかりと把握して、適切な対策をとりましょうね。セキュリティ対策は、後からでは遅いのです…

KINGSOFT Internet Security20は下記のページからインストールできますよ!
ここからインストール