NEWS

  • 1480056188

キングソフト、TBMと販売取次店契約を締結 話題の新素材を使用した「LIMEX名刺」をプロモーション価格で提供 ~名刺のデータ管理からオーダーまでを一貫させたトータル名刺サービスを提供~

 キングソフト株式会社(本社:東京都港区 取締役社長:馮達 以下、キングソフト)は、石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず、紙やプラスチックの代替となる新素材 「LIMEX(ライメックス)」を開発・製造・販売する株式会社TBM(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山﨑敦義 以下、TBM)と本日11月28日(月)より販売取次店契約を締結いたしました。

 キングソフトが販売する、クラウド名刺管理「CAMCARD BUSINESS(キャムカード ビジネス)」のユーザーは、CAMCARD BUSINESSの名刺データ管理画面から、特別プロモーションページに遷移し、テレビでも放映され話題の新素材LIMEXを使用した「LIMEX 名刺」をプロモーション価格で購入できるようになりました。これにより両社は、CAMCARD BUSINESSユーザーが、名刺のデータ管理からオーダーまでを一貫して行えるトータル名刺サービスを提供して参ります。

■CAMCARD BUSINESS製品紹介 : https://www.camcard.jp/business
■LIMEX 名刺 製品紹介 : https://tb-m.com/order/explain.php

今後も「CAMCARD BUSINESS」は 『名刺管理を驚くほど簡単に』をコンセプトに、誰もが簡単に名刺情報を通じて顧客管理を行うことができるクラウド名刺管理サービスを目指します。

 
 

【LIMEX 名刺について】

 LIMEX 名刺は、水や木、石油等の地球環境資源問題に貢献すべく、世界にほぼ無尽蔵にし、日本においても100%自給可能な石灰石を主原料とした新素材「LIMEX」を使用した名刺で、TBMが開発・製造・販売しています。普通紙で作られた名刺と比較し、1 箱(100 枚)で約 10 リットルの水を節水でき、世界で大きなリスクとなっている水問題に貢献できます。
 企業のCSR/サステナビリティに対する意識が高まる中、LIMEX 名刺は600 社*1 を越える企業に導入されています(2016 年 10 月末時点)。
*1順次名刺の切り替えを進めている企業(団体)、企業(団体)内の一部の方が使用されている企業も掲載しています。
1128_c

 

【購入手順】

1.CAMCARD BUSINESSユーザー画面にある「LIMEX名刺申込」ボタンをクリック(赤枠箇所)
1128_1
 
2.CAMCARD BUSINESSユーザー様向け 特別プロモーションページに遷移
1128_2
 
3.LIMEX名刺オーダーフォームに必要情報を入力し、見積を依頼
*CAMCARD BUSINESSユーザー様向けプロモーションコードが自動入力されます。
1128_3

 

【製品概要】

製品名:CAMCARD BUSINESS      
製品紹介ページ:https://www.camcard.jp/business/
最新バージョン:Android 1.12 / iOS 1.12 / Web 28
お問い合わせ:(TEL)03-3582-8232  (メール) sales@kingsoft.jp
無料トライアル申込み:https://biz.kingsoft.jp/contact/camcard/entry.html

 
 
■株式会社TBM
URL:http://www.tb-m.com
所在地:東京都中央区銀座 2-7-17-6F
設立:2011年
資本金:40億6,920万円(資本準備金を含みます)/ 2016年1月時点
代表取締役社長:山﨑 敦義
事業内容:LIMEX及びLIMEX製品の開発、製造、販売

 
 
■キングソフト株式会社について
キングソフト株式会社は2005 年、中国の大手IT 企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」(2016年11 月より「WPS Office」に名称変更)を展開。業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。GooglePlay ツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid 向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、高精度のOCR 機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」、ビジネスチャット・社内SNS アプリ「WowTalk」など、革新的なアプリを次々とリリースしています。また、グループ会社でありモバイル広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE 上場:CMCM)」とタッグを組み、2015 年6 月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーターアドプラットフォーム)」の日本市場向け提供を開始。さらに2016 年7 月には、ライブ配信という新しい文化を切り開くアプリ「Live.me」をリリースし、モバイルサービスの領域においてイノベーションを加速させています。 

 
キングソフト株式会社
URL: http://www.kingsoft.jp
本社: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立: 2005年3月
資本金: 6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数:111名(2016年11月現在)
代表取締役会長:翁 永飆
取締役社長:馮 達

  • camcard-image

法人向け名刺管理ソリューション。「CAMCARD BUSINESS」オンプレミス版 12月1日(木)より提供開始。さらに強固なセキュリティの下、「名刺情報」を管理。営業効率化を実現

キングソフト株式会社(取締役社長:馮達 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、提供する名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカード ビジネス)」のオンプレミス版の提供を2016年12月1日(木)より開始することをお知らせいたします。

キングソフトが提供する「CAMCARD BUSINESS」は、導入社数1,000社を突破した、クラウド型名刺管理ソリューションです。現在、数多くの民間企業において、クラウド型の法人向け名刺管理サービスが浸透しておりますが、金融機関様をはじめ、高いセキュリティレベルを求める企業様においては、セキュリティ担保の観点から、ほとんど導入されておりません。
しかしながら、そのような企業様においても「名刺情報」を適切に管理し、企業資産として生かしたいというお声を頂戴することが大変多く、この度この課題を解消するべく、非常に強固なセキュリティ環境の下で「名刺情報」の管理を行い、営業効率化を実現可能にする「CAMCARD BUSINESS オンプレミス版」の提供を、2016年12月1日(木)より開始いたします。

【「CAMCARD BUSINESS」 オンプレミス版 3つのメリット】

1:セキュリティ要件に対応・・・個人情報にあたる「名刺情報」をオンプレミス環境で適切に管理し、営業効率化を実現。
2:リッチな機能提供・・・・・・・・これまでのクラウド版「CAMCARD BUSINESS」で提供している機能をベースに、ほぼ同等の機能を提供※アプリ利用の際はVPN等でアクセス確立後に利用可能。※ネットワーク利用が必要な機能は未提供
3:サポート体制・・・・・・・・・・・これまでコンシューマ向け、および法人向け製品・サービスのサポートセンター運営で培ってきたナレッジを生かし、安心して導入、運用いただける充実のサポート体制を構築。

今後も「CAMCARD BUSINESS」は 『名刺管理を驚くほどカンタンに』をコンセプトに、誰もが簡単、かつ安全に「名刺情報」を通じて、顧客管理を行うことができる名刺管理ソリューションを提供し続けてまいります。

【製品概要】
製品名:CAMCARD BUSINESS(キャムカード ビジネス)
製品紹介ページ:https://www.camcard.jp/business/
最新バージョン:Android 1.12 / iOS 1.12 / Web 28
製品に関するお問い合わせ: (TEL)03-3582-8232  (メール) sales@kingsoft.jp
無料トライアル申込: https://biz.kingsoft.jp/contact/camcard/entry.html

キングソフト株式会社について

キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」(現在は「WPS Office」)を展開。 業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」、ビジネスチャット・社内SNSアプリ「WowTalk」など、革新的なアプリを次々とリリースしています。また、グループ会社でありモバイル広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、2015年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」の日本市場向け提供を開始。さらに2016年7月には、ライブ配信という新しい文化を切り開くアプリ「Live.me」をリリースし、モバイルサービスの領域においてイノベーションを加速させています。

キングソフト株式会社

URL:http://www.kingsoft.jp
本社:東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立:2005年3月
資本金:6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数:111名(2016年11月現在)
代表取締役会長:翁 永飆
取締役社長:馮 達

  • CCBupdate

クラウド名刺管理「CAMCARD BUSINESS」名刺統合機能を実装~過去に登録された同一人物の名刺データを最新の名刺データに統合~

 キングソフト株式会社(取締役社長:馮達 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、提供するクラウド名刺管理「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」のWeb版がアップデートしたことを本日7月28日(木)に発表いたします。

■CAMCARD BUSINESS製品紹介 : https://www.camcard.jp/business

今回のWeb版アップデートにより、自分が登録した名刺データの内、同一人物と関連設定された重複データを、アプリでの表示及びCSV出力時に排除する「名刺統合機能」が実装されました。メールやDM送信時にも同一人物へ重複した内容を配信することを防ぎ、より便利にご活用頂くことができます。

 今後も「CAMCARD BUSINESS」は 『名刺管理を驚くほど簡単に』をコンセプトに、誰もが簡単に名刺情報を通じて顧客管理を行うことができるクラウド名刺管理サービスを目指します。また、常にお客様の目線に立ち顧客管理に必要な機能を積極的にアップデートしてまいります。

 
 

主なアップデート内容

・名刺統合機能
自分の名刺の内、同一人物と思われる関連性を設定し、自動統合、手動統合、個別名刺統合の方法で名刺を統合する機能です。ブラウザ、アプリでの表示及びCSV出力時における名刺データの重複を排除します。これにより、重複名刺を一目で確認および統合できるようになり、より便利になります。
 

統合された名刺は「関連名刺」に履歴として表示します

統合された名刺は「関連名刺」に履歴として表示します

 
 
・名刺作成者の一括編集
名刺データをエクセルファイルにエクスポートし、名刺作成者を編集。編集したファイルをインポートすることで名刺作成者を一括編集することが可能です。これにより、「異動」「退職」ユーザ(前任者)の名刺データの引継ぎを後任担当者へ一括で登録変更できるようになります。
 

エクセルファイルから名刺作成者の編集が可能です

エクセルファイルから名刺作成者の編集が可能です

 
 
・オペレーター補正のステータスの表示
従来2種類であった名刺データの補正ステータスが、4種類(未補正/補正中/補正済/手動編集済)になりました。これにより、詳細ステータスが把握できるようになり、補正サービスの状況が把握しやすくなりました。
※7月27日以降に取り込んだ名刺データのみ対象となります。
 

名刺情報の下にステータスを表示(★補正済)

名刺情報の下にステータスを表示(★補正済)

 

 
【製品概要】
製品名: CAMCARD BUSINESS
製品紹介ページ: https://www.camcard.jp/business/
最新バージョン: Android 1.12 / iOS 1.12 / Web 28
お問い合わせ: (TEL)03-3582-8232  (メール) sales@kingsoft.jp
無料トライアル申込み: https://biz.kingsoft.jp/contact/camcard/entry.html

 
 
【本リリースに関するお問い合わせ先】
キングソフト株式会社 広報担当 松山
TEL:03-3582-8230  FAX:03-3582-8231  E-Mail:press@kingsoft.jp

  • fudemame_aichatch

クラウド名刺管理「CAMCARD BUSINESS」と「筆まめクラウド住所録」が連携 ~名刺から読み込んだ顧客データをスムーズに住所録へ登録可能に~

キングソフト株式会社(本社:東京都港区 以下、キングソフト)が販売する、クラウド名刺管理「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」は、株式会社筆まめ(本社:東京都港区 以下、筆まめ)が提供するインターネット上で住所録の作成・編集・管理が可能な「筆まめクラウド住所録」と連携したことを、本日2016年7月6日(水)発表いたします。また、販売面でも協力し、各販路にて随時展開していきます。

■ 「CAMCARD BUSINESS」と「筆まめクラウド住所録」 連携 サービスサイト
https://www.camcard.jp/business/fudemame

fude1

 
今回の連携により、クラウド名刺管理「CAMCARD BUSINESS」を利用しスマートフォンやタブレット、スキャナから読み込んだ名刺のデータベースを、そのまま簡単に「筆まめクラウド住所録」内へ登録することができます。
「筆まめクラウド住所録」に登録された住所録は、筆まめが提供する各種クラウドサービスやパッケージソフトとも連携可能なので、ハガキ印刷やラベル、シール作成など様々なサービスに応用していただけます。

fude2
CAMCARD BUSINESS」からエクスポートした
データベースをそのままの形式で
「筆まめクラウド住所録」へ簡単にインポート!

 

 

fude3
登録した住所録は「筆まめ」と連携可能!
筆まめクラウドの各種サービスやお中元リストなどとして活用でき、
販促活動や顧客リレーションの構築をサポートします。

 

 


■「CAMCARD BUSINESS」について

https://www.camcard.jp/business/

CAMCARD BUSINESSのコンセプトは、『名刺管理を驚くほど簡単に』。
組織で名刺情報を管理するために必要な機能を備え、シンプルな操作性で、誰もが簡単に名刺情報を通じて顧客管理を行うことができるマルチデバイスに対応したクラウド名刺管理サービスです。
アプリに高精度のOCR機能が備わっており、スマートフォンから名刺を撮影するだけで瞬時に名刺情報をデータ化。商談情報やタスクもその場ですぐにメモし、データをクラウドに保存することができます。今まで個人で管理していた取引先や顧客の名刺情報を、企業資産として手間なく簡単に一元管理することで、名刺情報をチーム内で共有・活用し、社員間の業務引継ぎや効果的なアプローチを支援します。

 
■「筆まめクラウド住所録」について
https://address.fudemame.jp/

『筆まめクラウド住所録』は、パソコンやスマートフォン、タブレットのブラウザ上で、かんたんに住所録や顧客情報の作成・編集・管理・共有が行える無料のクラウドサービスです。
様々な端末から利用できるため、場所を選ばず、どこでも住所録や顧客情報の作成・編集・管理・共有が行えます。
さらに、「筆まめクラウド顧客管理」、「筆まめ」などの住所録管理ソフトとの間でデータの連携が行えるため、住所録や顧客情報の管理における利便性が高まります。
また、ローカルに保存している住所録の共有やバックアップ、パソコンを買い替えた際のデータ移行にも活用できます。

 
 
【第3回 営業支援EXPOに出展!連携デモを実施】
本日より東京ビッグサイトにて開催される『第3回 営業支援EXPO』に株式会社筆まめのブースを出展いたします。
「CAMCARD BUSINESS」と「筆まめクラウド住所録」の連携デモを行う予定ですので、是非ブースにお立ち寄りください。
イベント詳細ページ : http://www.ss-expo.jp/
会期 : 2016年7月6日(水)~8日(金)
10:00~18:00 (8日は17:00まで)
会場 : 東京ビッグサイト西3・4ホール 一般ゾーン(小間番号W16-28)

  • ccbmailmaga

名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」にメール配信機能を実装~名刺データからメールを一括配信、ファイル添付や開封率チェックも可能~

キングソフト株式会社(取締役社長:馮達 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、提供する名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」に企業が集約した名刺データベースからメールを簡単に一括配信できる「メール配信機能」を新たに実装したことを本日5月18日(水)に発表いたします。
■CAMCARD BUSINESS製品紹介 : https://www.camcard.jp/business

 
「CAMCARD BUSINESS」は、『名刺管理を驚くほど簡単に』をコンセプトに、組織で名刺情報を管理するために必要な機能を備えながらシンプルな操作性で、誰もが簡単に名刺情報を通じて顧客管理を行うことができる名刺管理ソリューションです。
今回のリリースにより、登録した名刺データベースを活用し、簡単にメールを一括配信できる新機能が実装されました。

ccbmailmaga

 
「メール送信機能」について
名刺をスマートフォンやスキャナで読み込み、最短5秒でデータ化しクラウドに保存されたデータベースから、送信対象者のリストを選択し迅速にメールを一括送信することができます。メールマガジンや展示会、セミナーのフォローメールなど、効果的な営業活動やマーケティング施策にご活用ください。
・差出人を担当者の個人アドレスや企業アドレスなど自由に設定
・文中に氏名や社名を個別で差込み送信可能
・ドキュメントファイルを3つまで添付可能
・便利なテンプレート、配信予約設定、開封率チェック機能も搭載
・メール配信回数上限なし

 
■サービス概要
製品名: CAMCARD BUSINESS
製品紹介ページ: https://www.camcard.jp/business/
お問い合わせ: (TEL)03-3582-8232  (メール) sales@kingsoft.jp
無料トライアル申込み: https://biz.kingsoft.jp/contact/camcard/entry.html

 
 
キングソフト株式会社について
キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT Corporation」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」を展開。業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位獲得の実績を誇るAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」をはじめ、革新的なアプリを次々とリリースし、特にスマートフォンの分野においては広告事業におけるイノベーションを加速させています。2015年にはスマホ広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、同年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」を日本市場向けに提供を開始。
『スマホ×広告』という新たな市場に大きなインパクトを与えようとしています。

会社名 キングソフト株式会社
ホームページ http://www.kingsoft.jp
本社 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立 2005年3月
資本金 6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数 106名(2016年4月現在)
代表取締役会長 翁 永飆
取締役社長 馮 達
  • main_visual_ccb_yamazakura

紙製品を扱う大手メーカー山櫻が名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を導入~名刺情報から顧客データベースを作成~

キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁永飆 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、株式会社山櫻(代表取締役社長:市瀬豊和 本社:東京都中央区 以下、山櫻)が、クラウド名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス」を導入したことを2016年4月22日(金)付で発表いたします。

■CAMCARD BUSINESS製品紹介 : https://www.camcard.jp/business
■事例公開ページ : https://www.camcard.jp/business/yamazakura

CCB_full

「CAMCARD BUSINESS」は、『名刺管理を驚くほど簡単に』をコンセプトに、組織で名刺情報を管理するために必要な機能を備えながらシンプルな操作性で、誰もが簡単に名刺情報を通じて顧客管理を行うことができる名刺管理ソリューションです。

 

導入事例

■ 導入の背景・課題 : 顧客データベースの蓄積・更新ができていなかった
以前は展示会などで交換した名刺も個々で所有し、管理していました。営業強化のため、名刺情報から簡単に顧客データベースを作成でき、且つ、全社導入を見据えてコスト面で負担が少ないツールを求めていました。

■ 「CAMCARD BUSIENSS」を選んだ理由 : 全社導入を見込んだ価格設定と使いやすさ
「CAMCARD BUSINESS」は、名刺をスマートフォンで取り込むだけで顧客データベースを簡単に作成でき、どこでどのようなタイミングで会った方かの把握と共有も可能です。また、OCR認識率が高く、データ化処理も早い点に加え、名刺画像も自動でトリミング補正され綺麗に保存されるので、後からデータベースを手動修正する場合でも少しの手間でストレスなく修正することができます。社員自らがサービスを積極的に利用しています。

■ 活用方法 : 埋もれた名刺データを企業資産として管理し見込み顧客の創出も
今まで個人管理で埋もれてしまっていた名刺情報をデータベースで見える化し掘り起こすことで、過去の失注先への再提案もタイミング良く仕掛け、見込み顧客の創出につなげていけるチームを作っていきたいです。企業として「CAMCARD BUSINESS」を全社的に導入することで、個人向け名刺管理アプリの利用を抑制しセキュリティ面でも万全な体勢をとっていきたいと思います。

 
【サービス概要】
製品名: CAMCARD BUSINESS
製品紹介ページ: https://www.camcard.jp/business/
お問い合わせ: (TEL)03-3582-8232  (メール) mktg@kingsoft.jp
無料トライアル申込み: https://biz.kingsoft.jp/contact/camcard/entry.html

 

■株式会社山櫻
http://www.yamazakura.co.jp/
創業:昭和6年5月
代表取締役社長:市瀬 豊和 
従業員数:546名  ( 平成27年2月現在 )
事業内容:
(1)紙製品の製造・販売と付帯する事業。
(2)パソコンによる名刺・はがき作成システム、プリンタ等の開発と販売。
(3)オンデマンドによるデジタルカラープリントのサービス。
(4)インターネット利用事業。
本社:東京都中央区新富2-4-7

  • ccb0324

名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」に人事情報配信機能を実装 ~ダイヤモンド社が提供する最新の人事情報を自動配信~

キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁永飆、本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、名刺情報をデータ化しクラウドで一元管理することができる、企業向け名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」にダイヤモンド社が提供する最新の人事異動データを反映することができる『人事情報配信機能』の実装を2016年4月1日(金)より開始いたします。また、今後も機能強化によるサービス改善に努めるべく同日より新料金プランに改定させていただきます。

■CAMCARD BUSINESS サービス紹介 : https://www.camcard.jp/business

4月1日より実装される『人事情報配信機能』は、有力企業1万6千社、20万事業所、役員管理職25万人を保有するダイヤモンド社が独自に収集した最新人事異動データが、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」に自動配信される機能です。これまで以上に名刺管理の手間を省き、より精度の高いデータベースの作成を行えるようになります。

キングソフトは、これまでユーザー企業様にとって「CAMCARD BUSINESS」が業務改革の一手になるべくサービスを提供してまいりましたが、今後もより開発体制を強化し、ユーザーニーズに応えた機能実装、安定したサービスの供給を行えるよう、今回のリリースに伴い、同日より新料金プランに改定させていただきます。

「CAMCARD BUSINESS」は、『名刺管理を驚くほど簡単に』をコンセプトに、組織で名刺情報を管理するために必要な機能を備えながらシンプルな操作性で、誰もが簡単に名刺情報を通じて顧客管理を行うことができる名刺管理ソリューションです。

『人事情報配信機能』について

ダイヤモンド社が提供する人事異動情報と、「CAMCARD BUSINESS」ユーザーがクラウドに保存した名刺情報データに同一人物のデータがあった場合、 人事データベースが更新されると自動で通知がくる機能です。
これから春にかけて人事異動が多くなる季節でも、「CAMCARD BUSINESS」で管理する顧客データベースを手間なく最新情報にアップデートすることが可能となり、スマートな営業活動にもお役立ていただけます。

新料金プランのご案内

ccbryoukin
※3月31日までにお申し込みいただいたユーザー企業様は料金プランの選択が可能です。

■サービス概要
製品名: CAMCARD BUSINESS
サービス紹介ページ: https://www.camcard.jp/business/
お問い合わせ: (TEL)03-3582-8232  (メール) mktg@kingsoft.jp
無料トライアル申込み: https://biz.kingsoft.jp/contact/camcard/entry.html

 

キングソフト株式会社について

キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」を展開。業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」をはじめ、革新的なアプリを次々とリリースし、特にスマートフォンの分野においては広告事業におけるイノベーションを加速させています。グループ会社であり、スマホ広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、2015年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」の日本市場向け提供を開始。『スマホ×広告』という新たな市場に大きなインパクトを与えようとしています。

会社名 キングソフト株式会社
ホームページ http://www.kingsoft.jp
本社 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立 2005年3月
資本金 6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数 93名(2016年1月現在)
代表者 代表取締役 : 翁 永飆
  • optimstore

キングソフト、ビジネスソリューションアプリ2製品をオプティム新サービス ID統合型ビジネスアプリマーケットプレイス 「OPTiM Store」に提供開始

キングソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:翁永飆 、以下キングソフト)は、IoT プラットフォームサービスのマーケットリーダーである株式会社オプティム(東京本社:東京都港区、 代表取締役社長:菅谷俊二、以下オプティム)と協業し、ID統合型ビジネスアプリマーケットプレイス「OPTiM Store」に、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワゥトーク)」と名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」の2製品を2016年3月9日(水)より提供開始することを発表いたします。
■「OPTiM Store」サービスページ: https://www.optim.co.jp/store/

 

Wowtalk_new_logoCCB_full

 

オプティムの運営するID統合型ビジネスアプリマーケットプレイス「OPTiM Store」は、50社以上のビジネスアプリデベロッパーと協業を行い、100種類以上のビジネスに必須となるアプリを提供するプラットフォームです。
「OPTiM Store」が提供するビジネスアプリは、すべてオプティムがセキュリティチェックや品質管理を行います。オプティムが定める基準を満たしたアプリに対して認定マークを付与することで、アプリ品質を可視化しているので、ユーザー様にも安心してご利用いただけるアプリラインアップになっています。

今回の協業により、キングソフトが提供するビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」と名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」の2製品は基準をクリアし、サービスローンチ時の代表的なアプリとして紹介されています。

 

 

——————-以下、オプティム プレスリリースより引用——————-

■ID統合型ビジネスアプリマーケットプレイス「OPTiM Store」概要
「OPTiM Store」とは、仕事の業務効率を上げることを目標とし、さまざまなビジネスシーンで利用できる、高品質かつセキュアな法人向けのアプリマーケットプレイスです。「OPTiM Store」を利用して簡単に自社ブランドのアプリストアを構築できるため、自社で新たに開発を行うことなく、簡単にアプリストアサービス提供が行えます。

●MDM・PCマネジメントサービス「Optimal Biz」との連携
4年連続国内シェアNo.1※1のMDM・PCマネジメントサービス「Optimal Biz」と連携し、購入から配信までをワンストップで行うシームレスな提供モデルをご用意しました。「Optimal Biz」のログインID・パスワードや、生体情報を利用することで、アプリやサービスごとのIDやパスワードを利用せずご利用いただけます。その他にも、第三者のIDプロバイダーにて発行されたログインIDやパスワードを利用しても、「OPTiM Store」にて提供するサービス群をご利用いただけます。

●幅広いビジネスシーンに対応するアプリのラインナップ

ビジネスシーンでのご利用ニーズの高いアプリをオプティムが厳選し、対応OS、対応デバイスを限定せず、幅広いビジネスアプリのラインナップを取り揃えています。また、アプリベンダーとの強固なアライアンス・パートナーシップを組んでいるオプティムにより、特別な手続きを必要とせず、ボリュームライセンス販売やお客様のご要望にお応えします。

●提供アプリのセキュリティチェック
提供するビジネスアプリは、すべてオプティムがセキュリティチェックや品質管理を行います。アプリをご提供いただくデベロッパー各社と連携して、業務運用に相応しいセキュリティや品質の向上を目指し、オプティムが定める基準を満たしたアプリに対して認定マークを付与することで、アプリ品質を可視化します。

※1  2011年度、2012年度売上金額 実績シェアの出典:ミック経済研究所「クラウドサービス市場の現状と展望 2013年度版」2013年10月発行。IT資産管理&MDM市場。2013年度、2014年度売上金額実績シェアの出典:ミック経済研究所「クラウドサービス(SaaS・ASP)市場の現状 と展望 2015年度版」2015年6月発行。IT資産管理&MDM市場。2014年度版は発刊 されておりません。

 

 
■「WowTalk」製品紹介 
https://biz.kingsoft.jp/wowtalk/
WowTalkは、セキュアな環境下で社員同士が円滑に連絡を取り合える、ビジネスチャット・社内SNSアプリです。
スマートフォンやパソコンから、場所を選ばずにメッセージやスタンプ、画像ファイルを送りあうことのできる「チャットトーク」や情報共有に役立つ社内SNS「タイムライン」、「無料通話」を利用して迅速な連絡が可能です。プライベートのやり取りと分けることで、快適で安全なコミュニケーションを実現することができます。WowTalk」はコンセプトである「直感的に誰もが使いやすい操作性」を追求し、業種や規模を問わず新しい働き方を実現するコミュニケーションプラットフォームとして、利用率・定着率No.1のビジネスチャット・社内SNSを目指します。

■「CAMCARD BUSINESS」製品紹介
https://www.camcard.jp/business/
CAMCARD BUSINESSは、名刺管理・顧客管理のビジネス向けサービスです。
外出中でもスマートフォンを利用し名刺を撮影するだけで、アプリに備わったOCR機能で瞬時に名刺情報をデータ化、商談情報やタスクもその場ですぐにメモし、データをクラウドに保存することができます。また、帰社後は専門のスキャナーを用いて複数枚の名刺をまとめて取り込み可能です。
今まで個人で管理していた取引先や顧客の名刺情報を企業資産として手間なく簡単に一元管理することができます。名刺情報をチーム内で共有・活用することで社員間の業務引継ぎや効果的なアプローチを支援します。

 

キングソフト株式会社について

キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」を展開。業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」をはじめ、革新的なアプリを次々とリリースし、特にスマートフォンの分野においては広告事業におけるイノベーションを加速させています。グループ会社であり、スマホ広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、2015年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」の日本市場向け提供を開始。『スマホ×広告』という新たな市場に大きなインパクトを与えようとしています。

会社名 キングソフト株式会社
ホームページ http://www.kingsoft.jp
本社 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立 2005年3月
資本金 6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数 93名(2016年1月現在)
代表者 代表取締役 : 翁 永飆
  • main_visual_ccb_hokuto2

北都システム株式会社が名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を導入~名刺情報のデータ化、商談記録、共有まで。名刺管理の全てをスマートフォンで完結。~

 キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁永飆 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、北都システム株式会社(代表取締役社長:大庭 浩司 本社:北海道札幌市 以下、北都システム)が、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を導入したことを2016年2月9日(火)付で発表いたします。

■CAMCARD BUSINESS製品紹介 : https://www.camcard.jp/business
■事例公開ページ : https://www.camcard.jp/business/hokutosystem

「CAMCARD BUSINESS」は、『名刺管理を驚くほど簡単に』をコンセプトに、組織で名刺情報を管理するために必要な機能を備えながらシンプルな操作性で、誰もが簡単に名刺情報を通じて顧客管理を行うことができる名刺管理ソリューションです。

 
 

導入事例

導入の背景・課題 : 名刺情報のデータ入力に無駄な時間と労力がかかっていた

商談の御礼メールなどを送る際に、交換した名刺を探し、目視しながら1件ずつ手打ちでメールアドレスを入力することに無駄な時間と労力がかかっていました。スマートフォンを導入するタイミングで、名刺管理の負担が軽減できるサービスが無いか探していました。
 

「CAMCARD BUSIENSS」を選んだ理由 : スマートフォンで名刺管理を完結できる親和性の高さ

まず、アプリからスマートフォンのカメラを立ち上げ、名刺を撮影するだけでデータとして文字が自動で入力されます。
さらに、商談情報の入力を行い、クラウドを経由してチームに情報共有するまでの全ての作業を、一環してスマートフォン上で完結することができるのが魅力に感じました。
 

導入効果 : 事前準備の手間を軽減!業務効率を高め営業活動に無くてはならないサービス

以前は、商談や打ち合わせの前には先方の名刺をコピーし、地図情報も印刷して持ち歩いていましたが、地図も名刺情報に紐づいてアプリから確認できるので、事前準備が格段に楽になり、時間の短縮につながっています。
外出先でもすぐに名刺情報をデータ化し業務に利用することで、お客様へのレスポンスも早くなり営業活動量も増えました。
「CAMCARD BUSINESS」は、もはや営業活動に外せないツールです。シンプルで手軽に始めやすく、人件費(名刺情報を入力する)より安い。これから、一層営業に注力していく会社の方針とマッチングしていると思います。

 
 
■製品概要
製品名: CAMCARD BUSINESS
製品紹介ページ: https://www.camcard.jp/business/
お問い合わせ: (TEL)03-3582-8232  (メール) sales@kingsoft.jp
無料トライアル申込み: https://biz.kingsoft.jp/contact/camcard/entry.html
 
■北都システム株式会社
http://www.hscnet.co.jp/
設立:1994年5月
代表取締役社長 :大庭浩司
本社:札幌市厚別区厚別中央2条3丁目5-11
所在地 :
横浜市港北区新横浜3-18-14(新横浜オフィス)
名古屋市西区那古野二丁目23-21(名古屋オフィス)
大阪市中央区安土町1丁目6-14(大阪オフィス)
 
 

■キングソフト株式会社について

キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」を展開。業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。Googleplayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けタスクキラーアプリ「Clean Master」、高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」をはじめ、革新的なアプリを次々とリリースし、特にスマートフォンの分野においては広告事業におけるイノベーションを加速させています。グループ会社であり、スマホ広告市場で世界トップクラスの中国インターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、『スマホ×広告』という新たな市場に大きなインパクトを与えようとしています。

会社名 キングソフト株式会社
ホームページ http://www.kingsoft.jp
本社 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立 2005年3月
資本金 6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数 87名(2015年5月現在)
代表者 代表取締役 : 翁 永飆
  • hayaka_ccb

キングソフト、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」が 大日本印刷の新サービス「DNPソフトウエア販売サイトhyakka」に採用 ~異なるメーカーの豊富なソフトウエアをクラウドで一括購入、支払いが可能に~

キングソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:翁永飆、以下キングソフト)は、大日本印刷株式会社(本社:東京、社長:北島義俊、以下DNP)が運営する、各種ソフトウエアをクラウドで販売するElectronic Commerce(EC)サイト「DNPソフトウエア販売サイトhyakka(ヒャッカ)」に、法人向け名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」の提供を11月4日(水)より開始いたします。
サービスサイト: http://www.dsaas.jp/lp/index.html

キングソフトが提供するCAMCARD BUSINESSは、マルチデバイスで利用可能な名刺管理・顧客管理のビジネス向けクラウドサービスです。ユーザー企業の社員は、外出中でもスマートフォンを利用して名刺を撮影するだけで瞬時に名刺情報をデータ化し、保存できます。さらに、商談管理やタスク管理もその場で簡単に登録することができます。また、帰社後は専門のスキャナーを用いて複数枚の名刺をまとめて取り込み可能です。企業としては、登録した各社員が保存した名刺情報を社内や部署、組織間で共有したり顧客情報をまとめて管理することができます。

このたび、DNPが運営するソフトウエアをクラウドで販売するサービス「DNPソフトウエア販売サイトhyakka」に、主なソフトウエアのひとつとしてCAMCARD BUSINESSが採用されました。これにより、サービスを利用するユーザーのより快適な業務環境を支援いたします。

「DNPソフトウエア販売サイトhyakka」の概要

サービスサイト: http://www.dsaas.jp/lp/index.html
DNPソフトウエア販売サイトhyakkaは、DNPが厳選した豊富なソフトウエアを揃えており、購入したソフトウエアをマイページ機能で効率的に管理できます。また、いままで企業がさまざまなソフトウエアを購入する際は、ソフトウエアを販売する各メーカーへその都度登録作業などを行い購入する必要がありましたが、本サイトではサイト内で一度登録作業を行うだけで、異なるメーカーのソフトウエアをクラウドで購入でき、代金を一括して支払うことが可能となります。

「DNPソフトウエア販売サイトhyakka」の特長

1、DNPが厳選したサポート体制の充実したクラウドサービスのソフトウエアを豊富に品揃え

企業のさまざまなニーズに応える実績豊富な有名メーカーのソフトウエアを中心に、デザイン制作業務や営業支援・販促支援業務、会計管理・労務管理業務や社内コミュニケーション、情報セキュリティ業務などに必要なソフトウエアを約100点揃えています。今後も順次商品ラインアップを拡充し、2016年度中には約200点に拡大する予定です。

2、購入したソフトウエアをマイページで管理できるため契約内容などの把握が簡単

本ECサイトで購入したソフトウエアを一括管理できるマイページ機能により、企業の担当者の引継ぎなども容易で効率的に管理します。

3、異なるメーカーのソフトウエア購入代金の一括支払いが可能

クラウドサービスなので、多くのソフトウエアが月額料金で利用可能です。各メーカー個別に支払いを行う必要がなく、購入したソフトウエアを毎月一括して代金を支払うことが可能です。

CAMCARD BUSINESSの特徴

サービスサイト: https://www.camcard.jp/business/

【名刺情報を瞬時にデータ化】

スマートフォンを使用して名刺を撮影するだけで、すぐに自動でトリミングや明るさ調整などの画像補正を開始します。アプリに高精度のOCR変換技術を搭載しているため最速のデータ化スピードを実現します。

【スキャナー一括取り込み】

スキャナーを利用して大量の名刺もまとめてデータ化可能です。1分間に両面25枚分の名刺をスキャンでき、アマゾン ウェブサービスを利用したクラウド環境へアップロードされ、ユーザーアカウントへ保存することができます。

【オペレーターによる高精度補正】

各プランの契約枚数内であれば、クロスチェックによる精度99.9%のオペレーターによるデータ補正も利用できます。

【商談・タスク管理などのCRM機能】

データ化した名刺情報に、顧客との商談情報やタスクを関連づけて登録できます。上司への報告や確認もアプリ内で行うことができ、情報を共有している社内メンバー間で効果的且つスムーズな営業活動をサポートします。

【企業管理者機能】

パソコンを利用「ユーザー管理」「部門管理」「共有設定」「名刺の引継ぎ」「セキュリティ制限」など名刺情報の漏洩防止や企業で名刺情報を資産化し営業活用していくために充分な機能を実装しています。

【外部連携】

エクセルファイルへのエクスポートはもちろん、「Salesforce」や「Outlook」の外部システムと連携することも可能です。

【圧倒的な価格競争力】

他社と比較しても同等のサービスでありながら、低価格で提供いたします。

キングソフト株式会社について

キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」を展開。業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」をはじめ、革新的なアプリを次々とリリースし、特にスマートフォンの分野においては広告事業におけるイノベーションを加速させています。グループ会社であり、スマホ広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、2015年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」の日本市場向け提供を開始。『スマホ×広告』という新たな市場に大きなインパクトを与えようとしています。

会社名 キングソフト株式会社
ホームページ http://www.kingsoft.jp
本社 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立 2005年3月
資本金 6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数 87名(2015年5月現在)
代表者 代表取締役 : 翁 永飆